【Windows10】パソコン起動時のログインパスワード入力を省略する設定方法【netplwizのやつ】

Windows関連
スポンサーリンク

どうも

ケイローです。

Windowsのパソコンを初めて買った時に

最初の初期設定で「パスワード」を設定したと思います。

パソコンを起動する度にその設定パスワードを入力しないといけないので、

自分しか使わないのに、なぜパスワードを設定するんだ?

と思った人は少なくとも1人はいるのではないでしょうか。


それで「Windows」「パソコン」「自動ログイン」「パスワード」「省略」を入れて検索して、

ケイローの記事にたどり着いたのではないでしょうか?


結論から申し上げますと、パスワードの省略は可能です。

動画で見たい方はコチラ↓

【Windows】パソコン起動時、自動でログインする設定方法【簡単設定】

【Windows】パソコン起動時、自動でログインする設定方法【補足】

 

Windows10にはアカウントが2つ存在する。

Windowsにはオンラインアカウントとオフラインアカウントがあります。

オンラインアカウント=Microsoftアカウント

オフラインアカウント=ローカルアカウント

です。

スポンサーリンク

それぞれに違いについてご説明しましょう!

 

そもそも「アカウント」とは!

コンピュータ用語でのアカウント (英:account) は、ユーザーネットワークやコンピュータやサイトなどログインするための権利のことである。ユーザーに割り当てられたアカウントをユーザーアカウントとも呼ぶ。

例えば、ネットワークにログインするためのアカウントや電子メールを送受信するためのアカウントなどがある。アカウント (ID) には、パスワードが関連付けられており、利用者はアカウントと併せてパスワードを入力することにより、ログインする権利を認められたネットワークやコンピュータやサイトにログインすることができる。権利 (ID) とパスワードを合わせてアカウントと呼ぶこともある。

アカウント - Wikipedia

Microsoftアカウント

名前の通り、Microsoftが提供するアカウントになります。

Microsoftが提供するアカウントなので、様々なサービスがあります。

代表的なサービス

  • Office
  • Skype(スカイプ)
  • OneDrive
  • MicrosoftStore(有料ソフト購入時に必須)
  • Outlook(オフィスのやつとは別であり、MSが提供するメールアドレスのみです)

Microsoftアカウントを持っていない場合は作成する必要があります。

動画もあるので参考にしてね↓

【Microsoft】マイクロソフトアカウントの作成方法【新規メールアドレス編】
メリットデメリット

Microsoftアカウントだとどのようなメリットデメリットがあるのか?

ケイローなりに考えてみた。

メリット

・Microsoftアカウントが提供するサービスを受けれる。

・OSのライセンスも紐づけられるため、パソコンが壊れてしまっても、別のパソコンにそのMicrosoftアカウントでログインして紐づけることでライセンス認証ができる。
※DSP版に限るようです。(BTOなどのダイレクト版だとできないと言われている)

・セキュリティーが高くなる。(PCへのログインパスワードが必須なので)

・万が一パスワードが忘れた場合でも別のPCやスマホがあれば、
ネットからMicrosoftアカウントへログインしてパスワードリセットが可能。

スポンサーリンク
デメリット

・ログインパスワードなしで設定できない。

・Microsoftがらみの宣伝がチラホラ。

ローカルアカウント

そのパソコンにしか存在しないアカウントです。(Windows7とかと一緒)

メリットデメリット

ローカルアカウントだと、どのようなメリットデメリットがあるのか?

ケイローなりに考えてみた。

メリット

・パスワードなしで設定できる。(紛らわしくない)

デメリット

・ログインパスワードを忘れてしまい、パスワードリセットディスクもなく、パスワードリセットの秘密の答えも忘れた場合は、そのパソコンのOS(Windows)を初期化するしか対応はありません。

 

という感じですね。

Microsoftアカウントのメリットの方が大きいようにも思いますね。

※またメリットデメリット思い浮かんだら追記していきます。

 

自動ログインの設定について

上記で述べたようにローカルアカウントだとパスワードなしにできるので、

わざわざ自動ログインの設定をする必要はなく、パスワードをなしにすればいいです。

なのでローカルアカウントの場合、パスワードなしにする方法をお伝えします。

ローカルアカウントのパスワードなし設定方法

一番簡単な方法はパソコンを起動し、デスクトップ画面上で

「Ctrl」+「Alt」+「Delete」

スポンサーリンク

を同時に3つ押します。

すると、

  • ロック
  • ユーザーの切り替え
  • サインアウト
  • パスワードの変更
  • タスクマネージャー

というのが表示されると思いますので、

パスワードの変更画面から、旧パスワードを入れて、

新パスワードは空白、新パスワードの確認フィールドの→のボタンをクリックすれば、

パスワードは変更されます。

自動ログインの設定方法

では、いよいよ設定の紹介です。

①スタートメニューを右クリック→ファイル名を指定して実行
※もしくはWindowsキー+Rでファイル名を指定して実行が開けます。

②その中に「netplwiz」を入力してOKをクリック
※もしくは「control userpasswords2」でもできますが、netplwizがいいです。

③ユーザーアカウントの画面が出てくるので、

対象のユーザーアカウントを左クリックして選択状態(青っぽくなる)にする。

枠外に「ユーザーがこのコンピューターを使うには、ユーザー名とパスワードの入力が必要(E)のチェック外します。

④最後に適用またはOKを押すと、パスワードが求められるので、パスワードを2回入れます。

注意1:この時のパスワードはPINコードではなく、Microsoftアカウントのパスワードです。

注意2:例えばそのパスワードに「A」確認用に「A」と入れても登録できます。
登録ができると、自動ログインの際にエラー(ユーザー名かパスワードが間違っています)になるので、そう出てしまう人は間違ったパスワードを入れてしまっているのでやり直して下さい。

スポンサーリンク

画像で言うとこんな感じ↓

 

①スタートメニューを右クリック→ファイル名を指定して実行
※もしくはWindowsキー+Rでファイル名を指定して実行が開けます。
②その中に「netplwiz」を入力してOKをクリック
※もしくは「control userpasswords2」でもできますが、netplwizがいいです。
③ユーザーアカウントの画面が出てくるので、
対象のユーザーアカウントを左クリックして選択状態(青っぽくなる)にする。
枠外に「ユーザーがこのコンピューターを使うには、ユーザー名とパスワードの入力が必要(E)のチェック外します。
④最後に適用またはOKを押すと、パスワードが求められるので、パスワードを2回入れます。
注意1:この時のパスワードはPINコードではなく、Microsoftアカウントのパスワードです。
注意2:例えばそのパスワードに「A」確認用に「A」と入れても登録できます。
登録ができると、自動ログインの際にエラー(ユーザー名かパスワードが間違っています)になるので、そう出てしまう人は間違ったパスワードを入れてしまっているのでやり直して下さい。

以上が自動ログインの設定方法になります。

 

ただし今の状態ですと、スリープやロックをかけると、

その時にパスワードの入力が求められます。

その時のパスワードも求めたくない場合は以下のように設定して下さい。

スタートメニュー→設定→アカウント→サインインオプションを左クリック

その中に「サインインを求める」という項目があるので、

  • なし(またはロックしない)
  • PCのスリープを解除する時間

なしを選択して下さい。

画像でいうとこんな感じ↓

参考になればと思います。

最後まで見てくれてありがとう!

では_(._.)_

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました